古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

常盤貴子、恩師・大林宣彦監督の「教え」が女優業のいしずえに

クランクイン のロゴ クランクイン 2019/01/13 06:30 ハリウッドチャンネル株式会社
常盤貴子『グッドワイフ』インタビューカットクランクイン! © Hollywood Channel 提供 常盤貴子『グッドワイフ』インタビューカットクランクイン!

 1月13日より放送開始の連続ドラマ『グッドワイフ』で、『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』以来 19年ぶりにTBS日曜劇場に帰ってきた女優の常盤貴子。「現場へは一人で来なさい」という恩師・大林宣彦監督の“教え”を頑なに貫きながら、マネージャーを介さず、常に生身の“役者”として作品と向き合ってきた彼女が、満を持して挑む連ドラで、女性弁護士・蓮見杏子(はすみきょうこ)の激動の人生に命を吹き込む。

 本作は、巨匠リドリー・スコットが製作総指揮を務め、2009年から2016年までの7年間、アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』を原作としたリーガルヒューマンエンタテインメント。エリート検事の夫・蓮見壮一郎(唐沢寿明)がスキャンダルで逮捕され、主婦として家事に子育てに家庭を支えてきた妻・杏子(常盤)が、16年ぶりに弁護士に復帰し、数々の困難に立ち向かう姿を爽快に描く。

 2012年放送のドラマ『松本清張没後20年特別企画 疑惑』(フジテレビ系)で弁護士役を務めた常盤は、当時、勉強のために裁判を傍聴したそうだが、それからやみつきとなり、今では月1ペースで通うほどのマニアに。今回、再び弁護士を演じるにあたり、「これまで客観的な視点で見てきたさまざまな裁判劇を自分の中にたくさん蓄積してきたので、それをうまく生かすことができたら」と目を輝かせる。

 特に今回、法廷シーンが多く、弁護士ならではの長ゼリフがふんだんに用意されているそうで、裁判好きの常盤にとっては腕の見せどころだが、「顔の筋肉が動かなくなるくらい、一日中、ずっとしゃべっている日もあって、もう大変なんです!(笑)。撮影中、“明日は一言もしゃべらない日になりますように”と願うくらい。このドラマが終わる頃には、力尽きているかもしれません」と苦笑いを浮かべるも、どこか楽しそう。

 さらに、「決してスーパー弁護士ではなく、主婦として、親として、妻としての目線も組み込まれているところに大いに共感する」という常盤。「当初は、アメリカ版のアリシア(ジュリアナ・マルグリーズ)を意識しすぎて“弁護士はどこに居てもかっこよくなければ”と、偏った役づくりをしていたのですが、演出の塚原あゆ子さんから、“もっと間口を広げてみては?”と助言をいただき、凄く演じやすくなりました。弁護士のときは弁護士の顔、子供と対峙するときは母の顔、夫と向き合うときは妻の顔…いろいろな面を自然に演じることで、より人間味のあるヒロインになったと思います」と自信をのぞかせた。

 女優として30年近いキャリアを積み重ね、もはやベテランの域に達した常盤。弁護士役にも大いに期待が高まるが、彼女をここまで支えてきたものは何なのか? これは、昨年、映画『花筐/HANAGATAMI』(2017)の舞台挨拶で明かされたことだが、映画界の恩師ともいえる大林宣彦監督の「現場には1人で来なさい」という教えが、大きな影響を与えているようだ。改めて常盤に聞いて見ると、「デビューして間もないころ、ある映画雑誌のインタビューで“黒澤(明)監督か大林監督の作品に出てみたい”と言ったことがあるんですが、たまたまその記事を読んでくださった大林監督が、それをずっと覚えていてくれたんです!」と声を弾ませる。

 「20年後、私が大河ドラマの『天地人』、大林監督が『この空の花 長岡花火物語』(2012)の撮影で、偶然、長岡で一緒になったときに、花火大会に呼んでいただいたのですが、これはもう最初で最後のチャンスだと腹を決め、“監督のファンなんです!”と思い切って告白したんです。そうしたら“知ってるよ、いつか一緒に何か作りたいね”とおっしゃっていただいて」とうれしそうに振り返る。その後、約束どおり、『野のなななのか』(2014)の主演に抜てきされたが、なんと20年前のインタビュー当時から大林監督の考えを知っていた常盤は、早くからこのスタイルを採り入れ、1人で現場に行き、直接映画のスタッフとコミュニケーションを取ることで、女優としてのスキルをコツコツと磨いていたのだという。

 「守られたタレントではなく、一人の役者として自分の足で生きていけるようになったのは、大林監督のあの言葉のおかげです。わがままに思われるかもしれませんが、このスタイルだけはこれからも続けたい」。どんな困難にも屈することなく、自らの力で壁を乗り越えていく常盤の生き様が、本作のヒロインに重なる。(取材・文:坂田正樹 写真:菅慎一)

 日曜劇場『グッドワイフ』は、TBS系にて本日1月13日より毎週日曜21時放送。

クランクインの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon