古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

英国アカデミー賞『ROMA/ローマ』が作品賞!『女王陛下のお気に入り』が最多7部門

シネマトゥデイ のロゴ シネマトゥデイ 2019/02/12 15:57 シネマトゥデイ
© 作品賞に輝いた『ROMA/ローマ』 - Netflix / Photofest / ゲッティ イメージズ

 現地時間10日、2019年英国アカデミー賞(BAFTA)授賞式がロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われ、アルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』が作品賞・監督賞・撮影賞・外国語映画賞を受賞した。最多受賞は、18世紀初頭のイングランドを舞台にした映画『女王陛下のお気に入り』の7部門だった。

 『ROMA/ローマ』は1970年代のメキシコを舞台に、キュアロン監督の子供時代の思い出を投影した物語が展開。現地時間25日に発表される第91回米アカデミー賞では、最多タイの10部門にノミネートされており、今回の受賞で作品賞に一歩近づいたと言えそうだ。

 また『女王陛下のお気に入り』は、イギリス映画賞をはじめ、主演女優賞(オリヴィア・コールマン)、助演女優賞(レイチェル・ワイズ)、衣装デザイン賞、メイク・ヘアスタイリング賞、脚本賞、美術賞を受賞。こちらも米アカデミー賞で9部門10ノミネートされており、複数部門での受賞に期待がかかる。

 主要部門ではその他、『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックが主演男優賞に輝いたほか、『グリーンブック』のマハーシャラ・アリが助演男優賞を獲得。アニメ映画賞は『スパイダーマン:スパイダーバース』が受賞している。(編集部・倉本拓弥)

2019年英国アカデミー賞の主な受賞結果は以下の通り。

■作品賞

『ROMA/ローマ』

■監督賞

アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ』

■主演男優賞

ラミ・マレック 『ボヘミアン・ラプソディ』

■主演女優賞

オリヴィア・コールマン 『女王陛下のお気に入り』

■助演男優賞

マハーシャラ・アリ 『グリーンブック』

■助演女優賞

レイチェル・ワイズ 『女王陛下のお気に入り』

■脚本賞

デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 『女王陛下のお気に入り』

■脚色賞

スパイク・リー、チャーリー・ワクテル、デイビッド・ラビノウィッツ、ケヴィン・ウィルモット 『ブラック・クランズマン』

■撮影賞

アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ』

■美術賞

フィオナ・クロンビー、アリス・フェルトン 『女王陛下のお気に入り』

■編集賞

ハンク・コーウィン 『バイス』

■衣装デザイン賞

サンディ・パウエル 『女王陛下のお気に入り』

■メイク・ヘアスタイリング賞

ナディア・ステイシー 『女王陛下のお気に入り』

■視覚効果賞

『ブラックパンサー』

■音響賞

『ボヘミアン・ラプソディ』

■作曲賞

ブラッドリー・クーパー、レディー・ガガ、ルーカス・ネルソン 『アリー/スター誕生』

■アニメ映画賞

『スパイダーマン:スパイダーバース』

■外国語映画賞

『ROMA/ローマ』

■イギリス映画賞

『女王陛下のお気に入り』

動画を再生

シネマトゥデイの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon